知らないところで

 最近来るのですよ、なにがって?心当たりのない出どこのメールです。繰り越し抽選のプレゼントが当たった(最近1,000円分の図書券が当たりました!)とか言う嬉しいメールから、いかがわしいサイトからの勧誘メールまで・・・。長い間インターネットの海を泳ぎ回っていると、知らない間に色んなところに自分の情報を置いてきてしまいますから自分でまいた種と思えばしようがないのですが、現実はそうでも無いようです。HIT数が著しく多い掲示板等からメアドを収集して売りさばく新種の仕事があるとか。何やら実社会の名簿販売と同じですね(-_-)/"

 実際HPを持ってメアドとか公開しているので、個人情報の一部を公開しているのも事実なのですが何とも納得がいかない!あげくの果てには先ほどICQでいきなりPRメッセージが・・・。はっきり言ってあっけにとられてしまいました。初めてメアドを持ったとき(実際そのころは周囲にメアドを持つ人がほとんど居なかった;)は誰彼にインターネットをはじめた事をアナウンスしてメール下さいと話したモノですが、ある程度仲間が増えてくると亀レスや、レス忘れ等頻発。(思い当たる節がある方々すみません;)最近某MLの方がにわかに活発になってきて、メッセージを読むのに精一杯。昼休み等の時間がROMだけで終わってしまいます(ToT)。たくさんメールが来ても大変、さっぱりこなくても今度は寂しい。自分勝手なモノです。

 少々話がそれましたが、ダイレクト・メール(この表現が的確かどうかは?)の中で一番多いのが、配布を希望しないサイトや企業からのPR。ヘッダーの情報から察するに、日本にもこういったDM配布を生業とする方達が存在しているようで・・・。何とも迷惑なヤツらです。欲しくない情報メールをダウンロードするために電話代なんて使いたくないですよね!(質が悪いことにこの種のメールは異様に長い文章だったりします。)こういったDM業者は自らがしていることが外国では犯罪と認識されている事を知らないのでしょうか?不特定多数に対して電子通信媒体を通して配布を希望しない情報PRをする事は迷惑行為(後にスパム行為の一つと認識)に値するという判断です。この判断が外国で下されたのは1年以上も前のこと。さてわが国ではと言うと・・・。

 こういった行為をする輩は、リストを増幅させながら回し使いすると言われますので、今の時点でDM類が来ていない方も知らないうちに何かのリストに登録されてしまうかも知れません。今のところ自由が先行しているインターネットと言われていますが、果たしてその自由とは?他人に迷惑をかけることも自由と言うのでしょうか?