愛機昇天;
(とタイトルを入れてみましたが、実際はハードディスクのクラッシュと判明)

引っ越しが終わって三日目、普通で平穏なPC生活を送っている時でした。止まったのです、Mac君が;今思い返せば単なるアプリケーション・フリーズだった訳ですが、不用意にPC再起動をかけたら・・・。「にこにこMac君」が現れた後、「ギシッ!」と言う音共に起動がストップ。その後数秒して「ググッ、ググッ、ググッ、」と言った寂しげな連続音が続きます。私のMac君(PM8500/180)は初期不良修理再販品なので、ちょっとしたトラブルは結構慣れていたのですが、今回はどうも違うようです。一応再度再起動をかけてみたりするのですが、結果は同じ。挙げ句の果てに「パンッ!!」と何やらポップコーンが弾ける様な音まで;;。再起動のショートカットキーを時には強く時には優しく押してみれど、これ又結果は同じ・・・。一応(誰も見ていないのですが;)冷静を装って、おもむろに取り出すのは「ノートン先生(Norton Disk Doctor)」のCDロムであります・・・・再起動・・・・。「ググッ、ググッ、パンッ!ググッ、」いくら繰り返しても同じぃ〜。結局その日は失意のまま床に就いた私です。

よくPC関係の雑誌でバックアップの重要性を説いていたりするのですが、個人レベルでHDの全バックアップを頻繁にとっている方というのは実際どれだけの数いるのでしょうか?
「特に重要なデータは無いからなぁ」等と考えていた私。でも実際の所、2.3重要なモノがあったりするのを次の日に思い出しました。例えば今までのメールデータや住所録、ちょっとした個人PROJECTの完了データ(いつかバックアップをと思ってついついほおぅっておいたモノ)。これらは一端無くすと復旧はほとんど不可能;さてどうしたモノか・・・。

ここで少しの望みがありました。それは
「帰たら治っていないかしら」等という安易な希望。と、スイッチを入れてみます。結果、同じ。幸い職場にはメモリを全て抜き取られて、単なるがらくたとなったPM9500/200が放置(?)されていたのでそれを使った救済方法に最後の望みを託すことにしました。早速メモリ&HDをを移設、再度ノートン先生起動・・・。とどうでしょうか?10分ほど放置してあれこれしていたら、どうにか起動ディスクとしてCDロムを認識!!更に放置すること10分程度。今度は破損していたHD(パテーションを分けていた内のシステムを含むHD以外)を認識!!恐る恐るクリックして開封すると、データベースは無傷であります(^o^)。あれこれ考えた末に、考え出した方法は、

  1. FDにZip-ゲストドライバをコピー。
  2. Norton UtilitiesCD-ROMから起動後、HDを認識するまで放置。
  3. FDのZip-ゲストドライバを起動。
  4. Zipに必要データを救出!

この手順で無事にデータ救出完了であります。あ〜ぁ良かった(^-^)'''''システム関係のHDが認識されないとので、メールデータ等は飛んでしまいましたが、幸い職場のMac君のメールデータと常にシンクロを取っていたおかげでほとんど無傷。これも一安心!

いやぁ〜今考えると、
ノートン先生を使った時点で数分放置しておけば良かったわけです。何もわざわざ9500何ぞに頼らなくても、と言った結論が出てくるのですがぁ〜。まぁ〜今回は私のPC歴中、初のHDクラッシュと言うことで笑っておいて下さい。さて、次なるターゲット機種、G4・450Hzが出るまで一辛抱。中途半端な時期を乗り切りましょう。(←と、自分に向かって言う私)

追記:今回のMonologueはフォントサイズがバラバラで非常に読み辛いかも知れません。まぁ、実際の頭の中はもっと混乱した状態だったので、その点感じていただけたら嬉しいであります。(^-^)/''''


| HOME | SITEMAP | MONOLOGUE | FACTORY | THIS | BBS | LINKS! | MAIL |